マンスリーリポート

PDFで読む

[m1907]

新任役員のためのリスク管理の心得

2019年07月11日

 役員の職務は会社を成長させることです。時にはリスクも取るため、その判断によって会社の命運が決まることさえあります。そのように重要な職務を執行する役員には、高性能な“アクセルとブレーキ”が必要です。

 アクセルは、収益向上を目指す攻めの販売施策などです。またブレーキは、“事故”のない組織運営を目指すリスク管理などです。ブレーキがしっかり利くと信じられるからこそ、アクセルを踏み込むことができるのです。

 企業の不祥事が後を絶たない昨今、役員会や幹部会などでは、企業が重視し、重点的に対策を講じるべきリスクについて議論を深めていることでしょう。新任役員は、そうした情報を分かりやすくそしゃくし、現場に伝える必要があります。

 一方、こうしたリスク管理で起こりがちな問題は、業界全体や企業全体のリスクの議論に終始し、各事業部のリスクまで落とし込めていないことです。新任役員の各事業部への理解が浅いことや、「リスクはそう簡単には顕在化しない」という楽観が原因です。

 今月のマンスリーリポートでは、新任役員が就任早々に取り組むべきリスク管理のポイントを紹介します。リスク管理は、会社のためになるのはもちろんのこと、新任役員が誠実に判断している根拠となるなど、自分自身を守ることにもつながります。

PDFで全文を読む

関連記事

役員報酬/「損金」になる費用とならない費用の考え方

2020年05月15日

サービス業の「時短」で生産性を上げるには

2020年05月15日

人生100年時代を生き抜く「5つの力+1つの習慣」(前編)/人生100年時代を生き抜く力(12)

2020年04月30日

pageTop