「一流になるための仕事の作法」に関連する記事一覧

[17085]NEW

2022年、皆さんにやってほしいたった一つのこと

2022年01月04日

2022年に、ぜひやってほしいことがあります。それは「私はこれを一年間続けた」と言えるものをつくることです。未来を考える視点を持って前に進みましょう…

[17086]NEW

【中堅社員のスピーチ例】北条義時に見習う「位負け」しない気概

2022年01月11日

取引先の役員クラスの人や上場企業の社員のような「格上」に感じる人と話すプレッシャーは、絶対的だった朝廷を破った北条義時の時代を思えばささいな問題です…

[17082]

【中堅社員のスピーチ例】来年は「任され、任せる人」になります

2021年11月30日

来年は、仕事が多くて困っているメンバーがいたら単に自分が引き取るのではなく、同僚や後輩も含め、誰がサポートとして適任なのかを考えられる社員になります…

[90002]

干支のエトセトラ(寅編)

2021年11月19日

十二支の寅(とら)にまつわるスピーチ事例、過去の寅年に起きた出来事などを紹介しています。話材や年末年始の挨拶などにお役立てください。

[17078]

朝礼訓話/【中堅社員のスピーチ例】会社の社長に、私はなる!

2021年11月09日

この会社の全員が社長になることを目指して、会社にとって必要なことは何かを考えながら仕事に取り組むようになれば、この会社はもっとすごい会社になる…

[17079]

朝礼訓話/北里柴三郎に学ぶ「仕事の信念」

2021年10月25日

北里氏には、「医学は、病気の診断や治療に役立つものでなければならない」という信念がありました。皆さんには、何のために仕事をするのか、信念はありますか…

[16842]

朝礼訓話/人を動かすために知っておくべき、たった1つのこと

2021年10月07日

日ごろ皆さんと話をしていると、思うように部下とコミュニケーションが取れないという相談をよく受けるので、その点をテーマに取り上げたいと思います…

[17071]

朝礼訓話/批判を受け止める勇気、受け止めた上で前に進む勇気

2021年09月27日

ノーベル賞を創設したノーベル氏をすごいと思うのは、批判の声に真っ向から向き合い、その声に押し潰されず、生涯発明への思いを大事に持ち続けた点です…

[17075]

朝礼訓話/困っているのは、私たち以上にお客さまです!

2021年09月22日

売り上げが減って「困った」と言っているだけでは私たちの存在意義はありません。私たちのサービスをご利用できずに困っているお客さまに寄り添い、改善方法を…

[17069]

朝礼訓話/本当の「自責」とは?

2021年09月15日

私が考える自責とは、「目標など【あるべき姿】に向かって前進するために、今自分がやるべきこと、できることを考えて精いっぱい行動すること」です…

pageTop